【40歳妊娠できない悩み】卵子老化の改善サプリメントのこと…

年齢とともに衰えるのは卵子、精子も同じこと。妊娠できない、不妊治療を考える前に、卵子、精子の老化を改善するサプリメント【プレグル】を試してみることをおすすめします。
MENU
40歳を目前に控えた高齢出産をめざす私でしたが、赤ちゃんをさずかることができました…
いろいろと妊活をやってみたけれどなかなか妊娠できない…
年齢的に卵子や精子の老化が不妊の原因かなと思い、不妊改善のサプリメントを摂ってみました。
それが、プレグルCB-1というゲンナイ製薬から販売されているサプリです。
このサプリメントは卵子と精子にエネルギーを与えるミトコンドリアの活性化に欠かせない成分を含んだもの…
不妊解消に一役かってくれたと信じています(o´▽`o)

プレグルCB-1について詳しくはこちら⇒



妊娠できない!



私は40歳過ぎで、やっと赤ちゃんを授かることができ、今は毎日育児に追われる日々。
でもここまでくるのがタイヘンでした…

結婚してから、赤ちゃんなんて生理があれば、いつでもできるものだと思っていました。
ただ、仕事をしたかったので、妊娠をすることは避けていたのです。
それが、気づいてみれば40歳近くの年齢になっていました。
もう年齢的にタイムリミット、妊活を始めましたが、妊娠できないのです…
「赤ちゃんが欲しい!」

妊活やってみたこと



生活習慣を見直すことから始めました。
  • 大好きだったコーヒーは、カフェインが体を冷やすと言われ、控えるようにしました。
  • 活性酸素の量を減らし妊娠しやすい体にするためにルイボスティを飲みました。
  • 生理の時に体を冷やさないように布ナプキンに変えました。
  • 冷え性だったので、生姜や温野菜を食べるようにしました。
  • お腹にカイロをつけ、常に靴下を履くようにしました。
  • 酵素風呂やよもぎ蒸しで体を温めるようにしました。
  • 夫といっしょにマカサプリメントを摂りました。
  • ヨガや骨盤体操など…
要は体を温めること、ストレスをためないようにするということでしょうか…
まあ、いろいろとやってみましたが…

もちろん、基礎体温をつけ、排卵日をチェック…

世間一般的な妊活をやっていました。

妊娠することなく…

夫といっしょに不妊外来に行こうかと思いましたが、それもまたなんとなく気がすすまず、どうしたものかネットで不妊解消について検索する日々でした。


卵子の老化



そんな時、『卵子の老化』という言葉を知りました。
NHKの『クローズアップ現代』という番組でもとりあげられたようですね。

たしかに20歳の頃と40歳では、お肌の状態は違うし、がんばり具合も変わっているし、明らかに違いますよね。
でも、まさか卵子まで老化するなんて、ショックでした。

卵子って毎月できるものだから、老化なんて関係ないと思っていましたが…

妊娠には適齢期というものがあって、だんだんと妊娠しにくい体になっていく┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

実際のところ、不妊の原因は、わからない場合がほとんどのようです。
そして、『卵子の老化』が不妊の大きな要因になっていることが多いそう…

卵子の老化は卵子の質の低下をもたらし、流産のリスクも高めます。

最終的にどうしても赤ちゃんが欲しい場合は、体外受精というものを考えますが、体外受精も1回で必ずうまくいくわけではなく、何回も失敗するケースがあるそうです。

その場合も、卵子や精子の老化を疑うことが一般的になってきているようですよ。高いお金を払って体外受精をしても、卵子の老化をなんとかしないともったいないですよね。

ミトコンドリアが卵子の質をよくする



卵子は、卵胞という殻に包まれています。
卵胞が卵子にエネルギーを与えて、成長させ、一ヶ月に一回排卵させます。

卵子が大きく成長していると、いい卵子で妊娠しやすく、
成長が悪いと質の悪い卵子で妊娠しにくくなってしまいます。

残念ながら、加齢によって、エネルギーが足りなくて、質の悪い卵子ができやすいということになります。

精子もエネルギー不足で精子の数が減少、運動率が低い、奇形精子が作られるということが起こります。

質の悪い卵子、質の低下した精子では、なかなか妊娠できない…


そこで、注目されたのが、卵胞や精巣にエネルギーを与えるミトコンドリアです。

ミトコンドリアを活性化すれば、精子卵子に十分なエネルギーを与えて、質の向上をはかることができる!

ミトコンドリアの活性化に欠かせない3つの成分が含まれているサプリメントが、プレグルCB-1 ということになります。

こちらのプレグルCB-1の公式サイトの『妊娠するためには』というタブでもっとわかりやすく説明しています⇒

安心して飲めるの?プレグルCB-1



プレグルCB-1は、ゲンナイ製薬株式会社という製薬会社から販売されています。

これから赤ちゃんをつくる体に摂るサプリは慎重にしなくちゃいけないと思うけれど、
ゲンナイ製薬株式会社は、自社開発の製品を販売するための認可取得済企業
大手の製薬会社と同じ認可をとっている会社…

全成分の最終加工地は日本国内のものだけを使用。

だから安心して摂れるサプリメントといえると思います。

フジテレビの『みんなのニュース』やニッポン放送のショウアップナイターでもCMが放映されていますし、他のメディア媒体でもよく目にします!

魔裟斗さん、矢沢心さんが妊活メッセンジャー!



魔裟斗さん、矢沢心さんが不妊治療の末にお子さんを授かったということを私は知りませんでした。

なかなか不妊に悩んでいることは人には言えないもの…

私も「赤ちゃんまだ?」とかさんざん言われ、人の気も知らないで、ちょっとゲンナリ気味でした。
こんなのもストレスになっちゃうんですよね。

魔裟斗さん、矢沢心さんはそんな妊娠できない人の気持ちをよく理解して、このプレグルの妊活メッセンジャーとして協力してくださっているそうです。

葉酸サプリでは赤ちゃんはできませんよ!



葉酸サプリは私も摂っていたけれど、それはいつ赤ちゃんができてもいいように、摂るもの。
赤ちゃんの先天性異常を防ぐために、妊娠の超初期に必要な成分です。

超初期って受精後1〜2週間後にはすでに胎児の中枢神経ができ始める頃のこと。
この頃は、ママには自覚症状がない時期なので、妊活をしている時から葉酸を摂っているといいってこと!

葉酸は赤ちゃんのために摂るもので、赤ちゃんをできやすくするために摂るものではないんですよ

夫といっしょにプレグルCB-1を摂りました!



卵子の老化を改善すれば、赤ちゃんができるかもしれない!
と思って、夫に相談して、ミトコンドリアを活性化するプレグルCB-1を注文!

サプリメントですから、必ず効くというものではないことはわかっていました。
でも、やってみないとわかりませんから…

プレグルCB-1は、男性向けと女性向けと2種類のサプリメントに分かれています。
男性の妊活、女性の妊活にそれぞれ有効な成分が含まれています

成分について詳しくはプレグルCB-1公式サイトの『製品情報タブ』に詳しく載っています⇒

1日に摂る量は、3粒から9粒ですが、私も夫も1日3粒づつ。
そんなに安いサプリではありませんからね…

定期コースのほうが安いので、最初から定期コースにしました。
サプリはやっぱり3ヶ月は続けないと効果がでないと思っているので…

4週おき定期カップルコースならさらにオトクです。

私たちはクリニックにはまだ行っていない段階でしたので、どちらに原因があるかわからず(はっきりさせたくない気持ちもあって)、二人でこのプレグルCB-1を摂りました。

栄養機能食品なので、副作用はないそうですが、心配な場合は専任のコミュニケーターが相談にのってくれるそうです。

プレグルCB-1を摂り始めてから、半年後、妊娠していると気づきました。
やっぱり思い切ってプレグルを注文してよかった(v^ー°) ヤッタネ

いろいろと妊活をしたので、相乗効果もあったのでしょうが、卵子の老化の改善というのは、プレグルCB-1にしかできないこと!

妊活、なんだかうまくいかないなあと思ったら、病院に行く前に、プレグルCB-1を試してみること、おすすめします!

妊活サプリ プレグルCB-1 についてもっと詳しく見てみる⇒


妊活中にすすんで摂りたい栄養素

妊活をまず始めるとき、今までの食生活や生活習慣を見直すことはとても大切なこと…
だって、もう一人、人間を作り出すんですから…
みだれた生活からは産まれません!

特に食生活では、栄養バランスのとれた食生活、女性ホルモンのバランスを整える栄養素を補うことで、妊娠しやすい体を作ることができます。

妊活中に進んで摂りたい栄養素としては、まず、イソフラボン
大豆に多く含まれていて、妊娠と関係するエストロゲンに似ている成分構造をしていて、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
私は、毎朝豆乳を飲んでいましたよ。

ビタミンEは生殖機能を維持する栄養素。女性ホルモンのバランスを整え、生理の周期を順調に整えます。
ビタミンEが不足すると、不妊や流産の原因になってしまうので、進んで摂りたい栄養素です。

また、亜鉛も女性ホルモンに関係する栄養素です。
亜鉛は食事からはとりにくく、不足してしまう恐れもあるので、サプリをおすすめします。

葉酸は妊活サプリとしてとっても知られていますよね。
妊活中には必須の栄養素。お腹の中の赤ちゃんの神経管を生成するビタミンなので、まだ妊娠と気づいていない時期になくてはならない栄養素です。




メニュー

このページの先頭へ